ヤドカリの性事情

ホンヤドカリのオスがメスをはさんでいます


これは交尾前ガードと呼ばれる行動です。ホンヤドカリ類やツノヤドカリ類など、ハサミ脚に左右大小があるグループでよく見られます。小さい方のハサミでメスを持ち歩きます。

このガードされているメスは、すでに他のオスの卵を持っていたり(ヤド妻)するため交尾できません。オスは交尾できるその瞬間が来るまでメスを確保しているのです。えっちです。

時が来たら、2匹は貝殻から身を乗り出すようにお互いの体を向かい合わせて交尾します。そして事が済むと、オスはメスを放り出してそそくさと海の彼方へ消えていきます。世知辛い。

ちなみに、ガード中には他のオスが戦いを挑みに来ます。負けたらメスを略奪されてしまうので、そもそも他のオスに遭遇しないように、海藻の上などに避難するような行動も見られるようです。
ヤドカリ界も大変ですね。

「交尾」と「交接」

ヤドカリのように直接的な生殖器の交わりによる生殖行為を「交尾」、イカのように生殖器以外の器官による交わりを「交接」と呼びます。イカのオスは精莢と呼ばれる精子の入ったカプセルをメスに渡します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました