貝隈

限界オタクたちよ

どちらでしたか?

「小さい」「大きい」って表現はやっかいです

「○○に比べて~」と併せて使いなさいと言われ続け、耳にタコができています

顕微鏡撮影。火炎のような模様が美しい(コンクガイは関係ない)

フィールドワークも無機的なものも好きなので、人生の選択肢が違ったら鉱物オタクだったかもしれません

身近に鉱物屋さんがいたらはまっていたかも?
つくづく育つ環境って大事だなと



—–

ところで、最近よくおすすめの顕微鏡を聞かれるのですが、私もあまり詳しくなく

生物顕微鏡についてっは、swift社のSW380Tがぼちぼちいい評判聞くので、そう答えてます
ただ、私自身使ったことがないので、もし他におすすめの機種があったら教えてほしいです

対面イベントなどで話題になりがちです
観察や撮影機材について→勉強になります

関連投稿

ビーチコーミングという趣味
(2023.6.20) もう一年前か

コメント

タイトルとURLをコピーしました